ハチ退治はプロにおまかせ|選択する際には実績を要チェック!

蜂

恐ろしい害虫

男性

日本には様々な種類のハチがいますが、最も危険なのがスズメバチだという事は多くの人に知れ渡っている事でしょう。毎年多くの被害者を出し、時には死亡事故も起こしています。もしスズメバチが近くを飛んでいたら、すぐにその場から離れる事が賢明だと言えます。スズメバチにも幾つかの種類が存在しており、近年特に被害が増えてきているのがキイロスズメバチです。キイロスズメバチは日本全域に幅広く生息しています。また、キイロスズメバチの活動期間は3月から12月までとかなり長い期間に渡って活動していますので、気を抜くことができません。キイロスズメバチの巣は、他のスズメバチの巣に比べてもかなり大きく、最大で1メートルを超える事もあるようです。その見た目はとっくりの様な形をしていて、すぐに普通のハチの巣との違いに気づく方もおられます。キイロスズメバチは攻撃性がとても強く、人や他の生物が巣に近づくと、すぐに攻撃を開始します。また、人間に恐れる事もないので、飲みかけのジュースなどにも寄ってくると言われています。そのため、ピクニックなどの行楽時に被害にあう人が増えているのです。そんなキイロスズメバチは、森や林などの木が多いところだけでなく、民家にも巣を作ります。もしキイロスズメバチの巣を発見した場合すぐに駆除にとりかかるようにしましょう。もし駆除せずそのままにしておくと、必ず家族や近隣住民に被害を及ぼすことになるでしょう。そういったトラブルを未然に防ぐためにも専門業者に駆除依頼をしましょう。